カミソリや刃の使い方

カミソリ刃による光ファイバーの切断

「光速」の伝達速度を可能にし、設備やセンサーなどの工業用途のみならずパソコンなど一般家庭にまで広く浸透している光ファイバー。
そのファイバーのカットにもカミソリ刃が使用されております。


光ファイバーとは、文字通り情報を光信号にして送る伝達手段なので、光がいかに減退することなく送れるかが伝達速度のカギとなります。
光を減退させる要因はファイバーケーブルの曲がりや接続面からの反射による損失が多く、これらをいかに減らすかが良好な光ファイバーを作る上での課題となります。

かみそり,カミソリ,剃刀,ひげそり,ヒゲ剃り,髭剃り,女性用かみそり,女性用カミソリ,女性用剃刀,カミソリ負け,おすすめ,刃,女性,足,安全ガード,産毛,腕,腕毛,替刃,切れ味,毛,シェーバー,種類,すね毛,すく,背中,セルフカット,セーフティガード,剃る,体,体用,日本,日本製,負け,眉毛,ムダ毛,メーカー,用途,脇,脇用,1枚刃,2枚刃,3枚刃,5枚刃,かみそり刃,カミソリ刃,剃刀刃,工業用,材質,厚み,寸法,片刃,両刃,ホルダー,ヘアカッター,ヘアーカッター,襟足,子供,赤ちゃん,くし,すき方,鼻毛

カミソリ刃によるカテーテルチューブ

現代医療の最先端であるカテーテルは、造影剤の投与や画像診断による治療など医療現場の様々なシーンで使われております。
その中でも太さが1㎜以下のカテーテルチューブは非常に細く、材質もポリウレタン等を使用しているため、簡単に形状が変わってしまいます。
そのため、上記のような極細カテーテルの製造現場では、押出成形によって作られたチューブをカットする際、断面の組織を潰さず切断するためにカミソリ刃を使用しております。

以下の画像は上図の青丸部分をカットした時の断面画像です。

A カミソリで切断した時の断面図       B カッターで切断した時の断面図

上図右の画像Bのように、切断する対象物の素材が柔らかい場合、刃が分厚いと素材は簡単に潰れてしまいます。
対してカミソリ刃を使用した画像Aは、断面形状を崩すことなくキレイにカット出来ています。

用途別カッター 三角オープナー 使い方事例